国際ファクタリング

  • 概要
  • サービスの流れ
  • 導入事例
  • よくあるご質問
  • 国際ファクタリングとはどのような仕組みですか?

    後払い送金ベースの輸出取引において、バイヤーの信用リスクを保証する仕組みです。

  • 国際ファクタリングのメリットは何ですか?

    申し込み手続きが簡単な上、事務面の手間が解消されます。また海外ファクターの取立管理サービスも利用できるため、
    入金督促などの事務が削減されてより簡便に取立管理をすることができます。

  • 国際ファクタリングはどのような場合に有効ですか?

    (1)バイヤーよりL/C取引から送金取引へのシフト要請を受けている場合
    (2)送金ベースの輸出債権が増加しているので、リスクヘッジ策の導入を検討されている場合
    (3)新規の輸出契約締結を予定しているが、バイヤーが前金・L/C取引に応じず、またバイヤーの信用力も今一つわからない場合

  • 国際ファクタリングの利用をバイヤーに通知することは必要ですか?

    原則としては、バイヤーの了解が必要です。

  • 回収期間など支払条件に制限はありますか?

    回収期間は最長180日までで、一般的には120日程度までです。設備輸出等の場合の検収が条件の取引は対象外です。

詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ

営業時間 平日9:00-17:00(土日・祝日は営業しておりません)