下請債権保全支援事業

  • 概要
  • 導入事例
  • よくあるご質問

下請建設企業のみなさまへ

国土交通省創設の制度を利用して、安心のお取引 工事請負代金の回収リスクをお引き受けします

  • 工事請負代金の回収リスクを軽減したい
  • 元請企業の業績が良くない
  • 元請企業が新規の取引先でよくわからない
  • 工事期間が長くて心配

下請債権保全支援事業』とは、下請建設企業または資材業者(以下「下請建設企業等」という。)の経営・雇用の安定、連鎖倒産防止等を図ることを目的として国土交通省により創設されました。この事業は、下請建設企業等が元請建設企業に対して保有する工事請負代金等の債権をファクタリング会社が保証することにより、債権の保全を促進するというものです。また、下請建設企業等がファクタリング会社に支払う保証料が国によって助成され、保証料の負担が軽減されます。
※2016年度の助成は保証料率の1/2(上限:年率1.5%)です。

導入のメリット

確実な債権保全 元請建設企業が倒産した場合は、保証限度額の範囲内で100%保証履行いたします。
対象債権ごとに保証限度額を設定しますので、ご希望の対象債権を選んでお申し込みいただけます。
ただし、元請建設企業の保証には弊社所定の審査があります。審査の結果、保証をお引き受けできない場合もあります。
ビジネスチャンスをサポート 弊社が工事請負代金等の保証をお引き受けすることで回収リスクを軽減できますので、貴社は安心してお取引を行うことができます。
保証料負担の軽減 弊社にお支払いいただく保証料率の1/2(上限:年率1.5%)に対して国から助成を受けられますので、ファクタリングサービスをさらにご利用しやすくなります。

下請債権保全支援事業の仕組み

下請債権保全支援事業の仕組み(図)

詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ

営業時間 平日9:00-17:00(土日・祝日は営業しておりません)