下請債権保全支援事業

  • 概要
  • 導入事例
  • よくあるご質問
  • Case1 受注はしたいが、工事請負代金の回収に不安がある。 建設業のお客さま
  • Case2 債権の保全をしたいが、コストが高い…。 資材卸売業のお客さま
  • Case3 長期の依頼。特定の工事だけに、保証をかけたい。 建設業のお客さま
Case1

建設業のお客さま

ご要望

受注はしたいが、工事請負代金の回収に不安がある。

厳しい環境の下、元請建設企業から受注はしたいが、工事請負代金や資材代金等の回収に不安が残る。

下請債権保全支援事業導入のキーポイント

元請建設企業に対する債権を保証してもらえる

導入後の声

安心して、新規の元請建設企業とも取引できる。

元請建設企業に知られることなく(サイレントで)債権を保証してもらえるので、新規の元請建設企業とも安心してお取引ができるようになった。

元請建設企業から安心して受注できる

Case2

資材卸売業のお客さま

ご要望

債権の保全をしたいが、コストが高い…。

工事請負代金の回収が不安なので債権の保全を考えたいが、コストが高い。

下請債権保全支援事業導入のキーポイント

保証料に国の助成が受けられる

導入後の声

助成金でコストを抑えることができた。

債権の保全ができて回収リスクに対する不安が軽減され、加えて国からの保証料助成金によりコストを抑えることができたので非常に助かっている。

コストを抑えながら債権の保全ができる

Case3

建設業のお客さま

ご要望

必要な工事だけ、長期の工事でも保証をかけたい。

保証の必要のない工事もある。必要な工事だけ選んで保証をかけたい。

下請債権保全支援事業導入のキーポイント

工事ごとに保証をかけられる

導入後の声

必要な工事だけ選んで、保証をかけることができた。

長期の工事でも、不安に思われる工事だけを選んで必要な期間のみ保証をかけることができるので、安心して受注できた。

長期の工事でも、安心して受注できる

詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ

営業時間 平日9:00-17:00(土日・祝日は営業しておりません)